EUR、USD、JPYの主要3通貨ペアの週末のスプレッドについて

週末クローズ時刻とスプレッドについて、EUR、USD、JPYの主要3通貨の各ペアでも各ブローカーごとの結果を記載します。

1分足チャートにASKラインも表示しました。ブローカーによってはローソク足から完全に乖離するほどスプレッドが拡大しています。

ここでも楽天FXが平常時の原則固定スプレッドのまま。

Titan FXも通常時並のスプレッド。

外為ファイネストは通常時よりは広いもののTitan FXとほぼ同等のスプレッドとなりました。

OANDA Japan、EZインベスト証券はかなり拡大して終わりました。

実際に、クローズ時刻に向けてどのようにスプレッドが拡大していくのか、次回は動画で検証してみたいと思います。

FXTF
20180413FXTFクローズ

楽天FX
20180413楽天FXクローズ

OANDA
20180413OANDAクローズ

Titan FX
20180413Titanクローズ

XM
20180413XMクローズ

外為ファイネスト
20180413外為ファイネスト

EZインベスト証券
20180413EZインベスト証券クローズ

この結果だけ見ると楽天FXが飛び抜けて優秀です。ただし、楽天FXには2016年3月17日にUSDJPYで突如1,500Pisp、約15円というスプレッドを配信したという証言もあります。筆者が確認したかぎり楽天MT4での配信ではなかったようですが。

まずは米雇用統計通貨時に各社のスプレッドを録画してみたいと思います。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply