EZインベスト証券を追加しました

先週は薄氷の勝利ですが勝つことができましたので、今週もロットを上げていきます。

既存のブローカーのロットはそのまま、新規にEZインベスト証券を稼働させます。

どうもEZインベスト証券は金曜日のクローズでUSDJPYのスプレッドが拡大したことがきになっており、薄商いのときにどのようなレートを配信するのか不明ですので、とりあえず0.1Lost、10,000通貨にて様子をみます。

他のサイトの報告ではスプレッド0.8pips~の変動制によるNDDとのことです。海外ブローカーよりは有利なトレードになることを期待しています。

また、OANDA Japanの法人口座が開通しました。


資金を個人口座から法人口座に移動します。

法人口座ですがレバレッジは個人口座と同じ50倍です。

開設申請前にサポートに確認したところ、個人口座のレバレッジ規制後も法人口座のレバレッジは変わらないとの回答でした。

このレバレッジ規制については注目していて、各社のセミナーなどで直接経営者と話す機会があった際に質問しているのですが、

「政府が規制したいと考えている以上、法人口座も同様に規制されるのではないか」

「法人口座のレバレッジ上限については規制したばかりなので、当面はこのままではないか」

と、ネガティブな意見とポジティブな意見とがありました。

海外ブローカーについても、日本人顧客相手に営業する以上、国内業者にあわせるよう指導しているという話もありますし、FXのレバレッジが今後どうなっていくのか、今後も情報収集していきたいと思います。

では、今週の各ブローカーごとのレバレッジ、ロット数、証拠金は以下となります。

BrokerLevarageLotsMagin
FXTF250.4171,200
楽天FX250.4171,200
OANAD250.4171,200
Titan FX1000.332,100
XM micro1000.553,500
外為ファイネスト67.560.579,189
EZインベスト証券1000.110,700
2.6635,589


※1USD=107円で計算しています。
※XM microは、MT4に標示されるロット数は50となります。

先週、ブローカー別成績では最下位だったXMですが、micro口座はスプレッドが高めです。MX zero口座は手数料が発生するものの0.1pipsとスプレッドがより小さくトレーダーに有利らしいです。

ただし、入金時のボーナスはありません。

現在、XM micro口座は5万円の入金に対して5万3000円のボーナスがついているため、証拠金53,500円で取引しています。

一見オトクなようですが、5万円入金して5万円のボーナスがつき、10万円の口座資金でトレードして5万円を溶かした場合、トレードは続けることができますが出金はできません。

自分で入金した資金からロスしていく仕組みです。

幸い、稼働させてから1ヶ月が経過しましたが、口座資金は133,215円に増えています。自己資金5万円に対して30,215円増えたことになります。1ヶ月で6割増ですね。

負けたときはリスクが大きくなるボーナス制度ですが、勝てているときにはたいへん嬉しい特典です。

自己資金が10万円を超えたらXM zero口座へ移動するのも悪くないですね。

その場合、ボーナスだけが残った口座でトレードは続けることができるのでしょうか。もしできるのならたいへんうれしい話です。

追って確かめたいと思います。

【2018/4/16追記】
再度、OANDA Japanに法人口座のレバレッジについて確認したところ、以下の返答がありました。

─引用ここから─────────────
お問い合わせいただきましたレバレッジの規制につきましては、
個人、法人口座ともに決定事項ではなく現時点では未定でございます。

日本国より新たなレバレッジ規制がありましたら、法律に則って規制し、
事前に皆様にご案内申し上げますので、何卒ご了承ください。
─引用ここまで─────────────

とのことでした。まだ決まっていることはないとのことです。

それであれば、個人口座のレバレッジ規制も回避になってほしいところです。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply